VagrantでWordPress環境を作る(MacOSX編)

Sep 6, 2015   #vagrant  #mac 

はじめに

こんにちは、えのかわです。
今回の記事は自分用の備忘録です。WordPress環境の作成を目標に進めていきます。
構成は以下のような感じです。

  • CentOS 6.5
  • Apache 2.2系
  • MySQL 5.1系
  • PHP 5.3系
  • WordPress 最新版

VirtualBoxのインストール

VirtualBoxのダウンロードページ(Old Builds)からVirtual5.0をインストールします。最新バージョン(5.02)だとvagrant upでコケるみたいです。 環境にもよりますが、インストールに5分ほど時間かかります。 VirtualBox.pkjをダブルクリックしてウィザードに従って進めてください。

Vagrantのインストール

Vagrantのダウンロードページからインストールします。 こちらもインストールに5分ほどかかります。VirtualBoxと同様に、ウィザードに従って進めていきます。

Boxのインストール

OSのイメージであるBoxをインストールしてVagrantのセットアップを行います。まず適当なディレクトリを作成します。

$ mkdir vagrant
$ mkdir vagrant/CentOS65
$ cd vagrant/CentOS65

次にCentOS6.5のBoxをインストールします。
Boxの一覧は、http://www.vagrantbox.es/ にあります。こちらも結構時間かかります。

$ vagrant box add centos65 https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.5.3/centos65-x86_64-20140116.box
==> box: Box file was not detected as metadata. Adding it directly...
==> box: Adding box 'centos65' (v0) for provider:
    box: Downloading: https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.5.3/centos65-x86_64-20140116.box
==> box: Successfully added box 'centos65' (v0) for 'virtualbox' !

OSの起動

CentOS6.5を起動します。vagrant initでVagrantの設定ファイルとなるVagrantfileが生成されます。vagran upでOSの起動が行なわれます。

$ vagrant init centos65
A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now
ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.
$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Clearing any previously set forwarded ports...
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
    default: Adapter 1: nat
==> default: Forwarding ports...
    default: 22 => 2222 (adapter 1)
    default: /vagrant => /Users/enokawa/vagrant/CentOS65
    .
    .
    .

vagrant sshで対象のホストにsshでログインすることができます。パッケージのアップデートをしておきます。

$ vagrant ssh
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ sudo yum update -y
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ sudo reboot

LAMPのインストール/起動

Apache、MySQL、PHPをインストールします。バージョンや設定などは省略しています。

[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ sudo yum -y install httpd httpd-devel
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ sudo yum -y install php php-mysql php-xml php-pear php-pdo php-cli php-mbstring php-gd php-mcrypt php-common php-devel php-bcmath
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ sudo yum -y install mysql mysql-devel mysql-server
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ sudo /etc/init.d/httpd start
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ sudo chkconfig httpd on
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ sudo /etc/init.d/mysqld start
[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ sudo chkconfig mysqld on

mysql-serverの設定

WordPress用にデータベースの設定します。新しくwordpressユーザーを作成します。

[vagrant@vagrant-centos65 ~]$ mysql -u root -p
Enter password:<空Enter>
mysql> CREATE DATABASE wordpress;
mysql> grant all privileges on wordpress.* to wordpress@localhost identified by '任意のパスワード';
mysql> flush privileges;
mysql> quit;

WordPressのインストール

Mac上でWordPressを公式ページからインストールして解凍します。今回は/Users/enokawa/vagrant/CentOS65/wordpressに展開したいと思います。

ネットワークの設定/クライアントPCとディレクトリの同期

Vagrantfileを編集します。
以下の2行の下に

# config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
# config.vm.synced_folder "../data", "/vagrant_data"

以下の2行を追加します。~/vagrant/CentOS65/wordpressの箇所はお手持ちの環境に合わせて設定してください。

config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
config.vm.synced_folder "~/vagrant/CentOS65/wordpress", "/var/www/html", owner: "apache", group: "apache"

その後にvagrant reloadで設定ファイルを再読み込みします。

$ vagrant reload

ブラウザでアクセスしてみる

Mac上のブラウザで http://192.168.33.10 にアクセスします。
おなじみの画面がでてきますので説明に従って進めていきます。

記事を投稿できました!

参考サイト